消費者金融業界の不正

近年の金融庁による指導など・・・


2006年4月

クレジットカード会社の一つである「オーエムシーカード」の子会社である
アルファオーエムシーに対し、金融庁は4月24日から5月18日までの25日間、
債権回収をする管理センターの業務停止命令(弁済の受領などを除く)を出した。

担当者3人が昨年11月、3日間にわたり合計6回、債務者の妻に電話をかけ、
借金の一括返済などを迫ったことなど違法行為が繰り返されていたとして
貸金業規制法に違反する過剰な取り立て行為に当たると判断した。



2006年4月14日

大手の一つである「アイフル」に対し、融資や取り立てを巡る違法行為が
繰り返されていたとして、全店に対し5月8日から3〜25日間の新たな顧客の
勧誘、融資などに関する業務停止命令が金融庁より出された。



2006年7月27日

「アエル」(ローンスターグループ)は関東財務局から、貸金業規正法違反に
より約250ヶ所ある支店や事務所で2006年8月21日から3〜26日間の全店
業務停止命令を受けた。



2006年8月23日

大手の一つである「アコム」に対し、融資の際に契約書を発行しなかった
違法行為が繰り返されていたとして、金融庁が立入検査を行った。



2006年10月20日

大手の一つである「レイク」は、債務者の依頼を見落とし勤務先に督促の
電話をかけたとして、金融庁から11月13日から11月17日までの5日間業務停止
命令(東京と大阪の電話サービスセンターが対象)を受けた。



ローンや消費者金融でお困りなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。